糖尿病の眼合併症

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
糖尿病の眼合併症

糖尿病の眼合併症とは

『糖尿病の眼合併症』の代表は「糖尿病網膜症」です。緑内障に次いで失明原因の第2位といわれています。特に未治療のまま進行すると、見つかったときには大がかりな手術をしないと助けられないような状況になっていたり、また出来るだけの治療をしてもほとんど視力の改善を得られなかったりなど、難しい治療や厳しい予後を突きつけられることがあります。

したがって糖尿病網膜症は早期発見、早期治療が原則です。糖尿病で内科に通院中の方は必ず眼科受診も行って下さい。詳しく精査の上、適切な病期にレーザー網膜光凝固術を施行することが重要です。病状の進行が早くて勢いがある場合、レーザー治療だけでは不十分なこともあります。自然吸収しない硝子体出血や牽引性網膜剥離などを伴う場合は、網膜硝子体切除術も行います。

眼科主治医から詳しく説明を受けて、病状をよく理解して頂くことが重要です。その上でリスクと治療効果を考慮しながら、治療方針を検討していきましょう。

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop