流涙

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
流涙について

目の表面を潤すのは、涙の役割の一つです。そして、目を潤した涙は目頭にある涙点と呼ばれる小さな穴から吸い込まれ、涙小管・涙嚢・鼻涙管を通過して鼻腔に排泄されます。
この涙の排出路のことを涙道といい、涙の分泌量と排出量が正常であれば、涙が外に溢れることはありません。しかし、このバランスが崩れると涙が瞼の外に溢れてしまいます。この様に涙が溢れてしまう症状を流涙といい、主に目の表面の病気か涙道障害が考えられます。

流涙の症状について

涙道が詰まると下記のような症状が出てきます。
また、目頭の内側の部分を抑えると涙嚢内のものが逆流してくることがあります。稀に、細菌感染等によって目と鼻の間が腫れて痛みが出てくることもあります。

こんな症状でお困りではありませんか?
  • 常に涙が溢れる
  • 目のふちが爛れる
  • 涙で潤んで視界がぼやける
  • 膿のような目やにが出る

症状は様々ありますが、涙道の閉塞している場所によって出てくる症状が変わるので、詳しくは医師に診断してもらいましょう。

流涙が起こる原因

流涙の原因として主に2つのタイプに分類できます。

  • 排水路が塞がってきたぞ

    涙道障害を発症している場合涙道と呼ばれる涙点、涙小管、涙嚢、鼻涙管までのどこかの部分が詰まり、閉塞してしまっているため涙が正常に排出されていない状態です。

  • 鼻の病気が原因になることも

    結膜炎・角膜炎、ドライアイ、逆さまつげやゴミが入った、などの要因で涙の分泌量が増えている場合眼球が過敏な状態になっており、様々な刺激に対して過剰な反応をしてしまい、通常より多くの涙が排出されている状態です。

このように涙道障害やその他目の病気、外的要因により、流涙が起こっている可能性が考えられます。

赤ちゃんの流涙

赤ちゃんの場合、先天性の涙道障害を発症していることは決して珍しくありません。
原因として、鼻涙管から鼻腔に開く箇所が粘膜に覆われたまま開通していない為、涙嚢内に粘液や膿がたまっている状態です。
鼻涙管が開通していない赤ちゃんは常に目が潤んでおり、目やにも溜まりやすくなっています。目薬をさすことで一時的に目やには出なくなりますが、それも点眼を止めると再び症状が表れます。また、鼻涙管が詰まった状態だと、通常流れるはずの涙が流れていけず、目に貯まってしまいます。このままの状態を続けていると、その箇所からばい菌が感染し、炎症を引き起こす可能性もあります。

治療法

赤ちゃんの先天性涙道障害はその大半が1歳を迎えるまでに自然に治ります。その為、1歳あたりまで様子を見ることもできますし、涙嚢マッサージといって自然治癒の手助けをするマッサージ方法もあります。こちらは、適切に行わないと逆に涙嚢を破ってしまうこともあるので、注意が必要です。
また、早い段階で詰まっている箇所をブジーという針金のような器具を使って開通させる治療法もあります。しかし、どちらにしろ2、3歳になっても症状が続くようであれば、手術も視野に入れて検討する必要があります。


目やにが出続けたり涙が流れ続ける状態は当人にとって過度なストレスになりますし、感染症の可能性もつきまといます。どの治療法を選択するにしても、一度医師とじっくり話し合って最適な治療を受けましょう。

流涙の検査

流涙が起こっている場合、涙の分泌量と排出量でどちらが異常をきたしているのかを調べます。
涙の分泌量が減る場合は、瞼の機能や結膜のたるみなどが原因と考えられます。また、涙の分泌量が多い場合は、異物混入や逆さまつげなどの刺激により起こっている可能性が高いです。そして、涙道の閉塞部位を検査する涙管通水検査は通水が無い場合、涙道が閉塞してしまっていると考えられます。

  • 細隙灯顕微鏡検査

    眼科に通院すると誰もが体験したことがあるのが、こちらの検査です。光を目に当てながら拡大鏡で医師が目の周囲から眼球の状態を確認していきます。
    この検査で、涙の貯まり具合や異物、逆さまつげ、瞼の動き、結膜の状態まで様々な角度から原因の有無を確認して行く検査です。

  • 涙道通水検査

    生理食塩水を点眼し、涙点から正常に鼻まで通っているかを確認する検査です。

  • 涙道内視鏡検査

    小さな涙点からでも挿入が可能なように事前に細く設計されている内視鏡を使用し、涙道の閉塞部位を確認する検査です。多くの場合、涙道に麻酔液を注入してから行います。

  • 鼻内視鏡検査

    鼻腔に専用の内視鏡を挿入し、鼻腔側から涙道の状態を観察する検査です。鼻腔の粘膜に麻酔を施してから検査を行います。

流涙は立派な目の病気です。涙が出てるくらいだから…と軽く考えず、少しでも症状などに心辺りがある方はお気軽にご相談ください。

流涙の治療

流涙の治療は流涙の物理的な原因である涙道の詰まりを取り除く手術を行います。
涙道の治療法には主に3つの治療が挙げられます。

  • 涙道プロービング

    涙道で詰まって閉塞している箇所をブジーと呼ばれる金属の棒で開通させる方法です。

  • 涙管チューブ挿入術

    専用の涙管チューブを涙道内視鏡を用いて挿入し、涙道を再建します。涙道に挿入したチューブは外側からはほとんど見えないので、問題なく日常生活が行えます。挿入時は局所麻酔で行うので、日帰りでの治療が可能です。涙管チューブは約2~3ヶ月程度で外来にて抜去が可能です。
    以前までは涙管チューブ挿入術は、外から確認ができない涙道にチューブを挿入するという見えない治療のため、成功率が医師の技術によって左右されていました。ですが、近年では、涙道内視鏡で確認しながら的確に行えるようになったので成功率も上がっています。

  • 涙嚢鼻腔吻合術(DCR)

    DCRは閉塞しているために、涙管チューブ挿入術がうまく行えない場合や再発を繰り返している方に対して行われている新しい涙道を作る方法です。
    「鼻外法」という目頭の部分を切開する方法と「鼻内法」という鼻の中から鼻内視鏡を用いて行う方法があります。DCRの場合、全身麻酔で行うケースもあるので、数日から一週間程度の入院を要する場合が多いです。

流涙の手術は日々進歩しています。流涙で悩んでいる方は一度ご相談ください。

涙道手術施設をお探しの医療機関さまへ

当院では、宮久保眼科(前橋市) 副院長 岩崎 明美先生執刀による涙道手術を行っております。
偶数月の第3木曜日に予約制にて行っております。
執刀医についてなど、詳しくはこちらのご案内ページをご覧ください。

この手術を受けられる医院

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop