緑内障

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
緑内障

緑内障とは

『緑内障』とは目から入ってきた光を脳に伝える視神経に障害が生じ、見えている範囲、いわゆる「視野」が狭くなっていく病気です。視野は徐々に狭くなりますので、自覚症状に乏しくいつの間にか緑内障が進行していて、気づいたときにはかなり進行していたというケースも日常診療をしていて遭遇することがあります。一度傷んでしまった神経は生き返らせることは出来ませんので、見えなくなってから治療をしても見え方を取り戻すことは出来ません。現在、日本人の失明原因の「第1位」になっており、そういった意味ではとても恐ろしい病気です。
したがって、緑内障治療の鉄則は、早期発見、早期治療を行うことで緑内障の進行を防ぐことにあります。『緑内障』は40歳以上の人の5%がかかる病気で、年をとるごとに割合は増えていくと言われています。40歳以上の方は、人間ドックや眼科検診にて緑内障の定期検査を受けられることをお勧め致します。

『緑内障』の治療についてですが、視野が狭くなるのを防ぐためには、「眼圧」を下げるしかないと言われています。「眼圧」とは眼の硬さのことで、「眼圧」を下げて眼を柔らかくする治療を行います。方法には点眼治療と手術治療がありますが、通常は点眼治療から開始します。 ここ数年、多くの緑内障点眼薬が開発され、今では多くの方が点眼薬だけで「眼圧」を下げることが出来るようになってきました。緑内障と診断を受けた場合には、症状がなくても定期的な受診をして眼圧のコントロールを図って下さい。
中には緑内障のタイプから点眼治療の対象にならないケースや点眼治療だけでは眼圧のコントロールが不十分なケースもあり、レーザー治療や手術治療が必要になる方いらっしゃいます。その場合は主治医が詳しく病状について説明致しますので、メリット、デメリットをよく話し合った上、最善の治療方針を検討していきましょう。 

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop