飛蚊症

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症とは目の前に黒い虫のようなものが浮遊して見える症状のことです。原因には治療を必要としない加齢性変化から早急な治療を要する重篤な疾患まで幾つかの可能性が考えられます。飛蚊症の見え方から原因を特定することはできませんので、飛蚊症が生じたらまずは一度眼科で精査をお受けになることをお勧めします。

1)加齢による飛蚊症
加齢による変化で硝子体に濁りが生じて飛蚊症が発症することがあります。この飛蚊症はある年齢になれば誰でも起こる症状であり、病的なものではありません。したがって、治療の対象にもなりません。症状が出始めた時期は気になって辛いかもしれませんが、段々色が薄くなり 気にならなくなってくることが多いです。

2)網膜裂孔・網膜剥離に伴う飛蚊症
飛蚊症が生じた時に、眼底検査を行うと網膜剥離や網膜裂孔が見つかることがあります。早期であれば外来でレーザー治療によって治療できることもありますが、進行したケースでは網膜復位術や硝子体手術等の観血的な手術が必要になります。このため飛蚊症が生じた場合には、早めに眼科受診することが望ましいと言えます。

3)硝子体出血に伴う飛蚊症
糖尿網膜症などの網膜疾患によって硝子体出血を来して飛蚊症を生ずることがあります。 この場合、出血の原因となった網膜疾患に対する治療が必要となります。治療には網膜光凝固術や網膜硝子体切除術などがあります。

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop