流行性角結膜炎(はやり目)治療

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
流行性角結膜炎(はやり目)治療

おおたけ眼科では、流行性角結膜炎(はやり目)の治療を行なっています。問診を通じて最適な治療を受けましょう。
患者さまひとりひとりのライフスタイルを考慮し、総合的に判断したうえで最適な薬を 処方致します。

流行性角結膜炎(はやり目)とは

流行性角結膜炎とは、結膜にアデノウイルスというウイルスが感染する病気で「はやり目」とも呼ばれています。
結膜は、上まぶたと下まぶたの裏側と白目の表面を覆っている半透明の膜を言います。
結膜は直接外界と接しているため、様々な病原物質が付着しやすく、アデノウイルスが付着している手などで結膜に接触することで感染します。

流行性角結膜炎(はやり目)の主な症状

白目の充血、目やに、目の痛みなどが挙げられます。痒みはほとんどなく、目以外の部分では、耳の前や顎の下のリンパ節が腫れることもあります。
症状が重い人や小児の場合、炎症のサインである白い膜が瞼の裏にできます。この炎症により、眼の表面が荒れることがあります。また、炎症が強いと、角膜の表面に小さな濁りができてしまうこともあります。

こんな症状でお困りではありませんか?
  • まぶたが腫れている
  • さらさらした目やにが出る
  • まぶたの裏側にブツブツができている
  • 目が赤く充血してしまっている

上記のような症状でお悩みの方はお早めにご相談下さい。
また、上記の症状に合わせて、耳前のリンパ節の腫れや圧痛はアデノウイルスに感染している可能性が疑われます。

流行性角結膜炎(はやり目)の治療

現在、残念なことに流行性角結膜炎に対する有効な特効薬はありません。
抗体が出来るまでただ待つだけでは、目への不快感がストレスになります。その為、眼科では症状の炎症を和らげる点眼薬を処方しています。
ウイルス等に対して抵抗力が落ちている結膜に、これ以上細菌が感染しないように予防を目的として抗菌点眼薬が使用される場合もあります。
完治までには、約3週間~1ヶ月ほどかかりますが、抗体ができるに連れて症状は次第に和らいできます。

流行性角結膜炎(はやり目)の治療方法

  • 休養をとる

    特効薬がないため、有益な治療の一つとして自然治癒が挙げられます。
    早期回復のためにも、点眼薬と合わせてウイルスに対する抵抗力をつける必要があります。十分な睡眠、栄養を考えた食事を摂るなど体力をつけましょう。

  • 有効薬による消毒

    アデノウイルスは、通常の石鹸や消毒薬では殺菌効果が期待できません。加熱やアルコール(エタノール)消毒が有効です。ドアノブなど感染者が接触した場所はアルコール消毒をすることで感染の可能性を低くすることができます。

この治療を受けられる医院

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop