日帰り白内障手術

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
日帰り手術でスッキリ 日帰り白内障手術 つきみ野 上尾 町田

つきみ野医院では日帰りの手術を受けて頂くことが可能です。
私どもおおたけ眼科では常に最新鋭の設備を導入しており、殊に、白内障手術に関しましては、驚くほどの短い手術時間と、術後のわずかなご休憩でご自宅にお帰り頂けます。
また、2010年6月より先進医療施設として厚生労働省から認定され、多焦点眼内レンズによる白内障手術を先進医療としてお受けいただけます。

白内障とはどんな病気か?

眼球内にある水晶体というレンズが濁ることを白内障と呼びます

眼の構造 角膜 水晶体 核 皮質人の目は、カメラに例えられる事があります。
カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜に包まれています。
一方、水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。
正常な眼球 光 角膜 光 水晶体 水晶体は透明で、光をよく通す 白内障の眼球 光 角膜 光 濁った水晶体 水晶体が濁ってくると、光がよく通らなくなる。

正常な水晶体は透明で光をよく通します。
しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあり、これが「白内障」です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障の原因について

さまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。
加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。
最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。
その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

種類と原因

  • 加齢制白内障加齢
  • 全身疾患に合併する白内障アトピー性皮膚炎、糖尿病など
  • 先天性白内障風疹など
  • 外傷性白内障目のけがなど
  • 併発白内障ぶどう膜炎など
  • その他放射線。薬剤(ステロイド剤)

白内障の症状について

目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 景色やモノがかすんで見える
  • まぶしくなる、明るいところで見えにくい
  • 一時的に近くが見えやすくなる、眼鏡が合わなくなる
  • 景色やモノが二重、三重に見える

上記のような症状でお悩みの方はお早めにご相談下さい。
当医院では日帰り手術が可能です。

水晶体の濁り方と症状

皮質の濁り 核の濁り水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。 濁りが中心部に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。
中心部から濁り始めると「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。

白内障の治療

白内障は日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせる治療を行います。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。白内障以外の病気がある場合は、手術方法を工夫したり、全身状態をみて手術の時期を決めます。手術を考える時は医師と相談しましょう。

こんな時は手術を考えましょう

  • 視力が低下して、仕事に支障がでる
  • 外ではまぶしくて、極端にみえづらい
  • 視力が0.7以下になって、運転免許の更新が出来ない

白内障の手術前検査

白内障の手術を受ける前には、手術が問題なく行えるかを調べ、眼に合う眼内レンズを選ぶために、さまざまな検査を行います。眼内レンズは一箇所にピントが固定されているので、手術前に医師と相談して、自分のライフスタイルに合った度数を選んでもらうことが大切です。

白内障の手術前検査

  • 1視力、眼圧、屈折検査
  • 2眼底検査網膜の状態を調べます。
  • 3細隙灯顕微鏡検査水晶体の濁りの状態を調べる
  • 4角膜内皮細胞検査角膜の内皮細胞が減っていないかを調べます
  • 5問診、角膜形状解析検査、採血、皮内テストなど(※)

※状態によっては、超音波検査なども行います。

白内障手術について

眼球内にある水晶体というレンズが濁ることを白内障と呼びます。たいていの場合は老化現象により生じるものですが、他の病気や炎症、外傷からなる場合もあるので一概に老化現象の一環とは呼べません。
少年層~若年層にかけた年齢層の患者様も多数おられます。老化による白内障の場合、老人性白内障と呼ばれこれは80歳を超える頃にはほぼ全ての方が これにかかると言われています。 白内障の進行予防のための点眼薬などもございますが、あくまで予防のためであり(治療ではありません)、改善の為にはやはり手術が必要となります。

白内障手術の流れ(超音波水晶体乳化吸引術)

  • 角膜 皮質 核麻酔を行い、まず眼球を切開し、水晶体の前を切り取ります。
  • 水晶体の核と皮質を超音波で砕き、濁った水晶体を吸引して取り出します。
  • 眼内レンズ

    濁った水晶体があった場所に、眼内レンズを挿入します。レンズは直径6mm程で、いったん挿入すれば取り替える必要はありません。

濁ってしまった水晶体を取り出し、ご自分のライフスタイルに合った度数の眼内レンズを入れることで良好な視力を得ることができます。
通常行われている手術では、挿入する眼内レンズは 「単焦点眼内レンズ」を使いますが、おおたけ眼科では、「多焦点眼内レンズ」を使った白内障手術も行なっております。

多焦点眼内レンズによる白内障手術

「単焦点眼内レンズ」は1つの距離だけに焦点を合わせたレンズで、白内障手術の際に使用されています。
このレンズは、焦点が「近くなら近くだけ」、「遠くなら遠くだけ」に特化したレンズです。
単焦点眼内レンズを用いた白内障手術後は視界から濁りがなくなります。しかし、近くの物か遠くの物、どちらかにしか焦点をあわせることができないため、両方が鮮明に見えるようになるわけではありません。

  • 遠くにピントを合わせて手術を行った場合左の写真を見て頂くと、時計や遠くの風景などは眼鏡を使用しなくてもはっきりと見ることができます。
    しかし、その反面近くにある携帯電話の文字にはピントがあっていないため、見えづらく、老眼鏡が必要になってきます。

  • 近くにピントを合わせて手術を行った場合今度は逆に近くにある携帯電話の文字に関しては、はっきりと見ることができます。
    しかし、遠くにある時計や風景に関しては眼鏡を使用しないと見えづらく、不明瞭です。

  • 多焦点眼内レンズを用いて手術を行った場合多焦点眼内レンズは、上記の2つのレンズの長所を合わせたレンズで、近距離・遠距離のどちらにも焦点が合うように設計されています。
    それが左の写真です。近くの物も遠くの物もどちらにも焦点が合いやすくなっています。

しかし、多焦点眼内レンズを使用している状態でも、状況次第では眼鏡を併用した方がいい場合もあります。
多焦点眼内レンズの魅力は、近・長距離のどちらにもピントを合わせられることです。しかし、それにも限界があり、どうしても見たい部分へすぐにピントを合わせることができません。
また、長時間の読書や細かい文字を読む際は、眼鏡を使用したほうが目への負担を軽減できます。

白内障手術後

手術直後は、眼が充血することがあります。また、眼がゴロゴロする、涙がでる、眼がかすむなどの症状が出ることもありますが、これらの症状は数日、または1~2週間で治まります。手術後1~3ヶ月は、手術で起きた炎症を抑え、感染を防ぐために、医師の指示通りに点眼薬を使用します。手術の翌日から、疲れない程度に眼を使ってもかまいません。仕事への復帰は早い時期にできますが、患者さんの全身状態や仕事の種類などによって違ってくるので、医師にご相談下さい。

手術後の注意点

  • 入浴について手術翌日は首から下はご入浴いただけます。また洗顔も水洗いは避け軽くタオルで拭う程度にしてください。3日後からは洗顔も可能です。一週間後からは、通常通り洗顔やご入浴が可能となります。

  • 眼に刺激を与えない手術後一週間は眼を押したり、こすったりしないでください。傷口が完全にふさがっておらず眼にばい菌が入りやすい状態です。

  • テレビや読書は控えてください眼をあまり酷使することは避けてください。眼の乾きや疲れを感じやすくなる為、テレビや読書も眼が疲れない程度にして下さい。

費用について

通常の白内障費用は、保険適用ですので各負担額により、下記の如く異なります。

白内障手術(超音波摘出術)1割負担約19,000円
3割負担約57,000円

※単焦点眼内レンズは保険適応です 。

多焦点眼内レンズ手術費用について

つきみ野医院は2010年6月より「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療施設として認定され、多焦点眼内レンズ手術にかかる費用が軽減されます。

多焦点眼内レンズは保険適応外の為、先進医療施設に認定される前は手術費用、検査費用など全てが患者様の自己負担となっていました。
しかし、先進医療施設に認定されたことにより、患者様の負担額は減り、“先進医療かかる費用”以外の、通常の治療と共通する診察・検査・薬代等は保険診療で行えます。

多焦点眼内レンズ手術費用
ZMB00(AMO社)
片眼350,000 円
(両眼 700,000円)

※術後の乱視矯正などは別途費用がかかります。上記料金は診察・検査・薬代など含みません。
※先進医療対応レンズの取り扱いは「つきみ野医院」のみとなります。

多焦点眼内レンズ手術費用
LENTIS (オキュレンティス社)
乱視なし 450,000 円(税別)
(両眼 900,000円/税別)
乱視あり 500,000 円(税別)
(両眼 1,000,000円/税別)

※1ヵ月後の検診まで含んだ料金になります。

この手術を受けられる医院

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop