ドライアイ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大
ドライアイ

ドライアイとは

『ドライアイ』とは涙の分泌量の減少、もしくは量は正常でも質が変化することにより、眼球全体を均等に潤せなくなり、眼球が傷つきやすくなっている状態のことを言います。涙は目に入ったゴミを洗い流したり、目の表面を覆うことで目を守っています。しかし、『ドライアイ』になると涙の潤す力が下がっているため、「目が乾く」「物が霞んで見える」「目が疲れる」などの症状が現れます。

『ドライアイ』の原因には「コンタクトレンズの使用」「長時間PC画面を見る」「部屋の乾燥」「加齢」「長時間の運転」などが挙げられます。『ドライアイ』には涙の量が原因になる「涙液減少型ドライアイ」と涙の質が原因になる「蒸発亢進型ドライアイ」の二種類があり、眼科では涙の分泌量の検査である「シルマーテスト」と蒸発度合いの検査である「BUT検査」を行って状態を判別し、原因にあわせた適切な治療を行っていきます。

『ドライアイ』の治療方法は人口涙液やヒアルロン酸等の点眼液を使用することです。その他には「涙点プラグ」を使い涙の通り道を封鎖する方法があります。普段の生活では「部屋の乾燥を避ける・保湿を心がける」「目の休息時間を設ける」などが治療方法に挙げられます。

『ドライアイ』はよく知られている病気ですが、症状が続く場合は無理をせず、眼科の診察を受けてください。眼科での治療と生活習慣を変えることで症状を改善することができます。

医療法人社団 博陽会 各医院のご案内

gototop