学校検診について

7月は梅雨時期だと言うのにほとんど雨が降らないですね…
暑くて大変ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

学校検診も終息に近づいてきましたね。

学校における視力検査とは、学習に支障のない見え方であるかどうかの検査としています。
視力は学習にも影響を与えるものであり、重要な検査です。
視力検査の際、裸眼視力を測定することが望ましいとされていますが、眼鏡やコンタクトレンズ等を常用しているお子様については、
矯正視力を測定します。これは、日常の学校生活での見え方を知るということを目的としているからです。

学校健診の結果では、
A:1.0以上
B:0.9~0.7
C:0.6~0.3
D:0.3未満
というように、視力測定の区分を決めています。

学校での授業に支障をきたしていない場合でも、学校健診の用紙をもらった際は、一度眼科を受診して頂き、再度検査をして頂くと良いかと思います。

また、ご不明な点等がございましたら、お気軽にご相談ください!

つきみ野医院 谷田