夏本番

いよいよ梅雨が明けて夏本番ですね!

暑い日が続いていますが皆さん体調はいかがですか?水分をこまめに補給して、熱中症対策しましょう。

暑さが増してくると、紫外線の量も増えてきます。それと同時に視力低下や病気を招くこともあります。

紫外線を浴び続けると、白目の組織の細胞が異常に繁殖し、黒目に食い込んでしまう翼状片、白内障、

中高年期以降の失明原因の一つである、加齢黄斑変性症などの病気を引き起こす可能性があります。

一年のうちに一番紫外線が多い季節は4月~9月、午前11時~午後2時が最も多いと言われています。

紫外線から眼を守る対策としては、日傘をさす、サングラスをかけるなどが挙げられますが、内側からのケアとして

ブルーベリーやアスタキサンチン、ルテインなどのサプリメント、緑黄色野菜を積極的に摂取するのも効果的です。

そして、つきみ野医院では、お子様の視力を積極的に測定しております。

3歳児検診で指摘された、テレビを近くで見ている、目を細めているなど「あれ?」と思ったことがありましたら、当院へ

お越しください

他にも、眼が寄っている、外に外れているなど「眼の位置がおかしい!」と思いましたら、精密検査もできますので

遠慮なくご相談ください。

つきみ野医院 谷田